売主物件

昨日の続きです。
売主が不動産業者の場合は 売主=不動産業者 となります。 売主が自分に3%を支払っても意味がありませんから売主側の手数料はなくなります。 この状況がCです。
さて、この売主物件をあなたが街で見かけて連絡を直接とったとします。 するとDの状態になり、あなたが払うべき不動産手数料は必要なくなります。 もうお分かりの通り<仲介>と<売主>では場合により仲介手数料に大きな違いが出てきます。「うちは売主だから手数料はいらないよ」と言った説明になります。
小社が土地探しのお手伝いで仲介に入らない理由の一つを説明します。不動産仲介手数料はどのような理由にあっても、また仲介業者が買主側に2社以上介在した場合でも、3%を上限と決められています。仮に小社が仲介に入るとEの形となり、小社と買主側不動産業者は3%の手数料を半分ずつに分配することになります。これでは買主側の不動産業者は面白くありませんから一生懸命に探す気にはならないでしょう。
小社が土地探しをお手伝いする時に仲介に入らいないのはこうした理由によるからです。 決められた報酬が半分になってしまうなら、良い物件があったとしても他のお客様に直接紹介した方がいいということになる訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>