不動産業の仕組み

今 土地探しからお手伝いしているお客様が3組いらっしゃいます。
家作りの前に土地探しは大仕事ですが失敗は許されません。
今日は土地探しを具体的に手伝ってくれれる不動産業の手数料の仕組みを説明をします。
(下の図はクリックすると大きくなります。)
不動産の仕組み.gif
Aのパターンが一般的な関係を示しています。
買主があなたです。 土地を売ろうとする売主が、販売を不動産業者に依頼します。不動産会社は自分の費用でチラシなどを作成して宣伝や情報を発信します。
一方、土地探しを始めたあなたは不動産会社に希望を伝えて、探すように依頼します。売主側の不動産会社が作成しチラシがあなたの依頼した買主側の不動産会社に伝わります。
めでたく売買となると、それぞれの不動産会社はそれぞれの依頼主から3%の手数料を報酬として受け取る仕組みです。 
たとえば、売主が販売を依頼した不動産会社にたまたま、あなたが土地探しにとび込んだとします。 これがBのパターンです。 これは売主・買主には損得はないのですが、依頼を受けた不動産会社は売主・買主双方から3%、つまり合計6%の報酬が入りますから、チラシを作成する前に土地探しをしている人のリストが欲しい訳です。 あなたにとって良い土地は、多くの場合、ほかの人にとっても良い土地です。 不動産業の仲介手数料は法律により3%を超えてはならないと定められていますから、良い土地を売主から預かったら、あなたに直接販売したのです。 小生が土地探しをお手伝いをする時になるべく地元の不動産業者の事務所を回って土地探しを依頼するのはこの為です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>