天井に積もった雪??

明日から3日間、流山で完成見学会を行います。
この機会に天井の断熱施工について説明します。
blowing.jpg
まるで、雪が積もったような天井裏の写真です。
どうして、このような断熱材を使うかといいますと、
マット状(布団のような)の断熱材は屋根の隅や、垂木の間、換気ダクトなどの障害物周辺に断熱することが難しいからです。 ブローイング施工では、顆粒状のグラスウールを雪を降らせるように堆積させる方法なので障害物の裏側まで断熱が施工できます。
ceiling_insulation.jpg
あったかい家は
① 気密が高く(隙間が少なく)
② 十分な断熱材を
③ 隅々まで
施工することで実現します。
「暖かい家」をどうぞご覧ください。お待ちしております。
nightview2.jpg
メリークリスマス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>